headband

車 下取り

車の下取りと買取の違いって?

車の下取りと買取の違いには、以下のようなものがあります。

・車の下取りは、新車を購入する際の購入代金の一部に充てられる

・車の買取は、車を売却して現金を受け取る

車の下取りの場合、主にディーラーを経由して新車を購入する際に行われるもので、必ず車を購入する必要があります。

車をディーラーに売却する事によって、下取りされた金額は全額新車購入の代金に充てられ、値引きという形で安く新車を購入する事が出来ます。

ディーラーは、新車が納車されるまでの代車として下取りした車を貸し出してくれたり、動かない車などはすぐに廃車にしたりします。

車の買取の場合、主に車の買取専門店に対して車を売却し、その代金は全て受け取る事が出来ます。

買取された車は、中古車ディーラーが参加するオークションなどで転売されたり、海外で取引されたりします。

以前でしたら、新車を購入する際にディーラーで車を下取りして貰うのが当たり前でした。

けれど、最近では中古車買取業者も競争が激しくなり、またネット環境も整えられた事で、少しでも高値で自分の車を売却しようと、車の買取を行う方が増えているようです。

愛車の高額査定を実現する方法がわかるサイト

車査定|確実に中古車の高額査定を手に入れる方法!

pagetop